一眼レンズキット
iPhone DSLR Lens Kit
オートモード
マニュアル設定
RAW対応
デュアルレンズ対応
フォーカスアシスト
レフ板効果
メニュー
アプリ紹介
「一眼レンズキット」は、iPhoneのカメラをまるで一眼レフのように使える高機能アプリです。

なめらかなズーム、しっかりピントを合わせるフォーカスアシスト、ホワイトバランスなど撮影の基本性能も充実しています。


高画質のRAWファイルや、iPhone7 plusのデュアルレンズを指定して使うなどの最新の機能も搭載しています。

紹介動画はこちらです。

「一眼レンズキット」アプリなら撮れる美しい写真
高性能で使いやすいアプリだからこそ撮れる写真があります。その実力は実際に撮影したサンプル写真でお確かめください。
レンズ設定機能
バーチャルレンズは9つ、自由にカスタム設定できます。 ズームや単焦点など好みのレンズ設定をするとそのようにアプリ内で動作しますので、レンズを付け替えて一眼レフ気分を楽しめます。

iPhone7 plusのデュアルレンズにも対応していますので、28mmと56mmのレンズを指定して撮影できます。
なめらかズーム、しっかりフォーカス
一眼レフのズームレンズを操作するように、スライドしてなめらかにズームすることができます。 フォーカスアシスト機能を使用すると、一時的に大きく3倍表示できるのでしっかり見てピントを合わせることができます。
簡単に使える撮影モード
撮影モードは オート、シャッター優先、ISO感度 優先の3つのモードがあります。すべてのモードのインターフェイスが統一されているので、どのモードも直感的に使えるようになっています。
ホワイトバランス
オート、晴天、曇天などの一眼レフにあるプリセットや、色温度や色かぶりを調整できるカスタムホワイトバランスがあります。
多重露光
一部の一眼レフに搭載されている多重露光の機能も使用できます。2回シャッターを切るか、カメラロールの写真と撮影した写真を合成することができます。
一枚目の写真は画面に薄く表示されるので、合成イメージの把握がしやすくなっています。
レフ板効果
写真の編集画面でレフ板のような効果を追加することができます。レフ板は白、銀、金、黒の4種類です。光を当てる位置や大きさを変えることができます。

白レフはやわらかな光、銀レフは強めな光、金レフは暖色系の光、黒レフは光沢のあるもの(シルバーの時計など)の写真を引き締めます。
RAW ファイル対応
一眼レフでおなじみの高画質RAWファイルで撮影することができます。
RAWファイルは、iPhone をパソコンにつないで iTunes から取り込んで現像することもできます。
大きいシャッターボタンモード
このモードを使用すると、カメラの設定をしてから押しやすいボタンで撮影をすることができます。
その他の便利機能
シャッターボタンの長押しで連写します。(iOS10以降)

ガイド、水準器、手ぶれ補正、タイマーなど基本的な機能はもちろん搭載しています。写真に付加されるEXIFの位置情報ON/OFFも設定できます。
アプリで一眼レフの練習をしよう
iPhoneのカメラを一眼レフのように使えるこの「一眼レンズキット」アプリを使って気軽にカメラの練習もできます。

レンズ設定機能で、欲しい一眼レフ用のレンズの焦点距離を設定すると、そのレンズの距離感などを試すこともできます。
(焦点距離は35mm換算で入力してください)




→ 通常のサンプル写真はこちら


→ 高画質 RAWで撮影したサンプル写真はこちら